Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脂肪燃焼効果の高いスープを飲んで簡単にダイエット

「痩せたいけど、食べる量は減らしたくない」という人におすすめなのが、脂肪燃焼スープダイエットです。

このダイエットは、代謝を上げたりデトックス効果を高めたりする食材でスープを作り、それを飲んで減量につなげる方法です。

野菜たっぷりのスープでお腹を満たすことができ、期間もたった1週間なので気軽に取り組めるでしょう。スープに使う材料は、トマト、玉ねぎ、キャベツ、人参、ピーマン、セロリです。

材料をすべて一口大に切り、コンソメスープの素と水で煮込みます。トマトはトマト缶を使うと便利です。鍋に全量入れたあと、空いた缶で水を入れるとちょうど良い水加減になります。

また、脂肪燃焼スープに使う材料のうち、ピーマンとセロリは他の野菜に置き換えできます。ピーマンが苦手ならパプリカやブロッコリーに、セロリが苦手ならほうれん草に置き換えてみましょう。

ダイエット期間は1週間で終わりますが、1日に摂って良いメニューが決まっています。1日目から最終日まで、何を食べて良いのか詳しくご紹介します。

まず1日目は、スープとフルーツのみ食べられます。フルーツはバナナ以外のものにしましょう。

2日目はスープと野菜を食べます。サラダや温野菜などで、スープの材料以外の野菜を堪能してみてください。

3日目はスープに加えて、フルーツと野菜が食べられます。

4日目からはタンパク質を増やしましょう。スープとバナナ、500mlまでのスキムミルクを摂取できます。

5日目にはようやく肉が食べられます。スープと肉、トマトが食べられる日です。肉の代わりに魚を食べても構いません。

6日目はスープ、牛肉、野菜が食べられます。牛肉を焼いて、付け合わせにサラダを食べると良いでしょう。いよいよ最終日には、スープ、玄米、野菜、フルーツジュースを摂取します。

玄米を食べて、少しずつ普通の食事に戻していきましょう。スープ以外にも食べられるものが多いため、意外に思った人も少なくないでしょう。

ただし、ダイエット期間中は飲み物に注意が必要です。のどが渇いたとき、口にするのは水やお茶、ブラックコーヒーだけにしてください。

普段から何気なくカフェオレやジュースを飲む人は、1週間だけ我慢してみましょう。アルコールも厳禁です。

食べ物や飲み物以外が無制限なのは、脂肪燃焼スープの魅力的なところです。ジムに通ったり、毎日ウォーキングしたりする必要はありません。

しかも、スープの他にもフルーツや肉が食べられる方法なので、ぜひ一度お試しください。