Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熱中症予防対策は健康を維持するための必須です

熱中症の予防や対策は、健康のケアでは大事な取り組みのひとつとして挙げられています。

様々な熱中症の予防の取り組み方が存在すると考えられているため、柔軟に取り入れることが強く推奨されています。

最もポピュラーで実践するべき対策の在り方は、こまめな水分補給であるとされています。意識的に水分を補給するように心掛け、脱水が起きないように体調管理することが希求されています。

このような取り組みは、特に喉の渇きを実感しにくくなる高齢者が意識して実践すると、熱中症になる可能性は低くなるのではないかと考えられています。

水分補給と並行して行うべき対策としては、塩分の補給です。

水分だけを補給すれば、熱中症の予防ができると考えられがちですが、塩分も適度に補給していかないと体内に水分が留まりにくくなると認識されています。

塩分も汗と共に体外に排出され、脱水や意識が薄れるなどの症状に繋がってしまうとされています。

このような症状が発生しないようにするためにも、塩分を適切に補給することが熱中症の対策の一環としては大事であると言えるのではないでしょうか。

普段よりも意識的に塩分の摂取を考えることが望ましいとされています。熱中症になりにくい体質を作るためには、過剰に空調設備を使用しないことも挙げられています。

暑さを感じる時にはエアコンや扇風機を使って体温を下げることが必要ですが、極端に暑さを感じない場合や気温がそれほど上がっていない段階では、空調を無意識に利用せず、汗をかく体質作りを念頭に置くと良いでしょう。

質の良い汗がかけるようになるほか、暑いと体が感じた際に汗で適度に体温を下げられるメリットも期待できるためです。

空調設備の利用については、上手に調節していくことによって、汗をかきやすく体温調整しやすい状態を作ることに役立つでしょう。熱中症にならないようにするためには、水分や塩分の補給が第一になると考えられています。

その一方で、暑さが本格的になる前のシーズンから、熱中症になりにくくなるように空調の利用を適度に調整することも大事になるとされています。

汗をかきやすい体質に近付け、汗で上手に体温や暑さをコントロールできる状態が作られると提唱されています。

このような取り組みも上手に導入しつつ、夏のシーズンを最後まで熱中症にないように過ごすことがベストと考えられています。

幅広い年代の人々の間で、こうした一連の熱中症予防や対策が本格的に展開されていくのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする