Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

話題の生酵素って副作用とかあるの?

副作用って何だっけ何となく使っている「副作用」と言う言葉ですが、本来は「医薬品の意図しない作用」の事を指します。

だから、医薬品では無い生酵素を含むサプリに副作用は無い、と言う事が出来ます。

でもそれって言葉遊びでは、と思いますよね。

そう、生酵素サプリで体に変調を来す事はあります。

そこには副作用とは違う、別の原因とメカニズムがあるんです。

・それは好転反応かも知れません顔に赤みが差す、肌荒れや吹き出物、下痢などの症状は、「好転反応」である可能性があります。

好転反応とは、生酵素サプリによって体質が改善される過程で、体の中の悪い成分が、外へ追い出されている状態です。

サプリが効いている証拠なのですから、本来喜ぶべき事なんですが、症状が重すぎて、日常生活に支障を来してしまい、本末転倒になってしまう事も。

一方で、好転反応はアレルギー症状にも似ています。生酵素自体にアレルギー反応を示す事は考えにくいのですが、サプリにはいくつかの添加物が加えられているのが普通です。

これらの添加物に、アレルギー反応が出てしまっている可能性も否定できません。自分にどんなアレルギーがあるか分かっている人は、あらかじめ成分表示をチェックしておく必要があるでしょう。

・好転反応かな、と思ったら生酵素サプリをはじめてから、体の不調を感じるようになったら、サプリの量を減らすか、一時的に摂取を中止するのが基本です。

もし症状が重くなければ、量はそのままでも構いません。

好転反応は、体から悪い成分を追い出そうとする生酵素サプリの働きが、一気に出てしまっている状態です。

そこで、生酵素サプリの働きを助けて、悪い成分を出し切ってしまえば、症状が軽くなったり、治まったりする事があります。

軽い運動やマッサージ、半身浴などで血行を良くしたり、水をたくさん飲むなどの対策が有効でしょう。

ただし、アレルギーを起こしている可能性もあり、好転反応とは見分けが付きにくい事もあります。また、好転反応であっても、症状が重すぎると辛いものです。

自分で判断が付かない場合や、サプリを止めたり減らしても症状が軽くならない場合などは、迷わず医師の診断を受けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする